2011/11/12

[本]スティーブ・ジョブズ II

に引き続き、Ⅱも読了
スティーブ・ジョブズ II
スティーブ・ジョブズ II
ウォルター・アイザックソン

やはり、社長を引退するときには、病気が悪化して、もうどうすることもできないほどの状態だったんだなと。

この本を読んで、同じように経営したいなーっとは思わない。
紹介されている方法は、ジョブズにしかできないだろう。

でも、なんで、亡くなってしまったのだろうか?

もっと、革新的なUIからソフトまでのシームレスな統合端末をもっとだしてほしかった。

特に、次のiPhone、iPadもそうなのですが、ハードのテレビ端末がどうなるのか見届けてほしかった。
かつ、テレビ業界の交渉も行い、オンデマンドでもみれるようにしてほしかった。

なぜ、なぜ、なぜ、今!!
それが、本当に悔しい。

後、ジョブズがどのような業界に参入するのか、なんとなく掴めた気がする。

一つは業界自体が確立されているもの、製品自体の使い勝手が悪い場合に参入するようだ。
iPodもリリース前には、すでにソニーが参入していたし、
iPhoneも、リリース前に、androidが、実機ではないもののOSとしてはすでに存在していたと思った。
iPadも、タブレット型もあったが、やはり、UIがよくないという理由で参入と、
問題だらけのジャンルに突撃するようだ。

この部分に関しては、何か、いかせるような気がする。

0 コメント:

コメントを投稿