2013/01/05

[本]小さなチーム、大きな仕事

こちらも読了
小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

まず最初に
見直す
先に進む
進展
生産性
競合相手
進化
プロモーション
人を雇う
ダメージ・コントロール
文化
最後に
37シグナルズについて

via:目次
やべ、バイブルかもしれない。

37signalsという会社の経営者が書いた本なのだが、読む以前から、下のような疑問を持っていました。
  1. たくさんの従業員を抱えて大きな企業にするメリットって一体なんなのか?
  2. 一方、37signalsは、少数精鋭で、きちんと適切に利益をあげているのか?
一つ目の疑問は、ここ数年間ずっと続けたことで、たくさんの人がいることによって、ある一つのことを決めるだけで意思決定に時間がかかるし、色々と維持するのにお金はかかるしで、結局、どうなの?よと。

そんな悶々としている最中、37signalsのことを聞いたので、興味がわき、本書を手に取りました。

まず最初に思ったのは、この著者は、過去の歴史を相当分析しているということ。
自転車から、ダンキンドーナッツの事例まで、ITかどうかに関わらず紹介されていたので、きっと、その知識もベースに経営をしていると思った。かつ、どうやって、この情報をゲットしているのか気になったが。

世界中から必要な人を雇っているとあったが、では、「どうやって集めているのか?」、その具体的な方法がなかったので、読者自身が探せということなのだろうか?

本書の構成上、挿絵があって、各章の見出しがくると思うのだが、翻訳書なので、かなりのずれがあるが、それはご愛嬌かなと。

改めて、小さいことはいいことなんだ、誰も知らないこといいことなんだ、だからこそできることがたくさんあるし、その時でしかできないことがあるってことを学んだなので、非常によかったなと。

この勢いにのって、原著も買おうかな?
Rework: Change the Way You Work Forever. Jason Fried and David Heinemeier Hansson
Rework: Change the Way You Work Forever. Jason Fried and David Heinemeier Hansson

0 コメント:

コメントを投稿